こころもじんわり+2℃ ほっこりお取り寄せ 2

▶︎前回はこちら

こころもじんわり+2℃ ほっこりお取り寄せ 

 

 

こんにちは。

体感温度を2℃上げる> がコンセプト、「プラスニド」コラム編集部です。

 

このコラムでは、<こころの温度も+2℃> をテーマに、

いつもより少し特別なほっこり時間を楽しむ、

日本各地のお取り寄せおやつをご紹介していきます。

 

■版画の小箱が愛らしい、三種の葛湯

今回は、大正6年(1917年)創業、

京都・二條若狭屋の葛湯をお取り寄せしました。

その名も「不老泉」。

なんだかありがたい響きです。

創業当時から受け継がれている代表銘菓なのだそう。

 

雪・月・花という3種類があり、

絵柄だけでなく、それぞれお味も異なります。

 

まずは、パッケージから味わってみましょう。

 

■版画家・徳力富吉郎先生による「雪月花」

和紙にレトロかわいい版画が施された小箱は、5×4cmほど。

近ごろはとんと見かける機会も減りましたが、

マッチ箱や花札箱のようなたたずまいです。

 

f:id:plus2do_media:20210222141612j:plain

左から順に、松を白く覆う「雪」、うさぎの餅つき「月」、清流と桜「花」

 

この愛らしい版画は、

京都・西本願寺の絵所を預かる家系の12代目、

徳力富吉郎先生の作品だそうです。

 

f:id:plus2do_media:20210222142745j:plain

お味も3種。雪(葛湯)、月(抹茶)、花(しるこ)

 

らくがんのような固形を想像していましたが、

中の小袋には、お粉が入っています。

ご案内書によると、

沸騰した95℃以上のお湯を約120cc注ぎ、

よくかき混ぜてください、とのこと。

 

f:id:plus2do_media:20210222143916j:plain

まるで「不老泉」への地図のような包装紙

 

■抹茶味「月」

f:id:plus2do_media:20210222144046j:plain

白い二羽の鳥と、小粒のあられ。抹茶との対比が美しい

まずは「月」。

お湯を入れて静かにかき混ぜると、

きれいな抹茶色の葛湯がとろ〜り。
小粒のあられと、白い二羽の鳥が浮かびます。

 

私は知っていてお取り寄せをしましたが、

こんなに可愛らしい鳥が思いがけず浮かんできたら、

とても嬉しいですよね。

このあたり、贈り物にも最適なポイントです。

 

しっかり甘くてとろみがあるので、

体がぽかぽか温まりますし、心もほっこり。

 

 

■おしるこ味「花」

f:id:plus2do_media:20210222145239j:plain

どこか懐かしいおしるこ味。こちらも二羽の鳥とあられが浮かぶ

 

続いて「花」。

さらし餡のさらさらした舌ざわりと、

とろんとした葛湯の相性が抜群です。

 

こちらも、小粒のあられと、白い二羽の鳥が浮かびます。

鳥とあられは、じきにふやけて、

小さなお餅のようなもちもちの食感になり、

「おしるこをいただいた」満足感があります。

 

 

■葛湯「雪」

f:id:plus2do_media:20210222150138j:plain

あられが入らない純粋な葛湯

 

そして「雪」。

こちらは純粋な葛湯で、

味は甘味のみ、あられも入っていません。

 

昔、おばあちゃんの家で作ってもらったような、

やさしくて懐かしい、

そして、しみじみとあたたかな味わい。

 

お湯は「120ccほど」とのことですが、

しっかりとした甘味が感じられ、

「ねばり」と言っていいほどにとろんとろん。

お湯の量を加減し、

自分好みに調整できるのも嬉しいところ。

 

目にも口にもしみじみあたたかい「不老泉」、

おうち時間用のお取り寄せや、

大切な方への贈り物にいかがでしょうか。

 

 

■お取り寄せ情報

京都

二條若狭屋 不老泉

3個入り 648円(税込)

https://wakasaya.theshop.jp/items/28313193




プラスニドTOPへ戻る