お花とくらす生活【季節を感じる〜梅雨〜】

こんにちは。
散歩好きの佐藤がお送りするお花のコラム。


つい先日も、ドラッグストアに買い物に行くついでに、遠回りをしつつ近所を散歩しながら帰りました。

 

私の家の裏には公園や小学校があって、さらにその隣には林があったり畑がたくさん。良く言えば緑豊かなので(笑)いろいろな植物があるんですよね。

 

この時歩いていて見つけたのが【紫陽花】

 

f:id:plus2do_media:20210627204646j:plain

 
1つ1つが丸くて大きいので、遠くから見ても「あ、紫陽花だ!」とすぐ気づくくらい存在感がすごい。

 ついついカタツムリを探してしまうのは私だけでしょうか...?

 

f:id:plus2do_media:20210627205827j:plain

f:id:plus2do_media:20210627205828j:plain

 

紫陽花って不思議なのが、同じ株から咲く花でも色が違うこと。

ここに咲いていた紫陽花は水色、薄紫でしたが、濃い青や濃い紫、ピンクもあったりしますよね。

 

調べると土の酸性度によって色が変わるみたいで、酸性が強くなると青、アルカリ性が強くなるとピンクになるみたいです。

次、紫陽花を見つけたらぜひ何色なのか見てみてください。
「ここは〇〇〇性が強いんだな」なーんて、ちょっと頭良くなった気分に笑

 

お花屋さんに売っているお花もいいけど、自然に咲いているお花を見つけるとなぜか嬉しくなりませんか?「いいもの見つけちゃった」とラッキーな気分になれたのと同時に、季節を感じられて大満足な気持ちで帰宅しました。

 

 プラスニドTOPへ戻る