【プラスニド】あたたかいよみもの

「冷えに悩む女性の体感温度を2度上げる」がコンセプトのブランド【プラスニド】公式ブログです。お知らせやほっこりホットになれるコラムをお届けしています。

学生時代にあった手紙交換の思い出

こんにちは。
プラスニドコラム編集者の佐藤です。

 

先日の子連れ出勤で、折り紙を折るスタッフを見て、学生の頃を思い出しました。

何を思い出したのかというと...


友達同士(またはその時お付き合いをしていた相手など)でお手紙を交換する時、いろいろな形に折ってわたしていたなと。

 

ハート 牛乳 六角形 お手紙 折り方 

いろいろな形のお手紙たち

ハートや牛乳瓶、六角形、たけのこ、引っ張って開くものなど、いろいろな折り方をしていましたが、覚えていたのはハートのみ。10年以上経ちますが、体が覚えていたようです。

他にも折り方を調べ、見ながらやると「そうそう、これこれ!」と懐かしい気持ちと共に当時の思い出が蘇ってきました。

 

当時はお気に入りのメモ帳を、お気に入りのブランドのショッパーに入れて、机の横にかけていました。そしてペンケースには可愛い色やいい香りのするペンを入れて、いつでもお手紙が書けるようにしていました。

そういえば、可愛い字を書く友達の字を一生懸命真似していましたね...懐かしい。とんでもない形の「ん」を書いていた時や、文章の終わりに矢印(⤴︎や⤵︎)を付けていた時もありました。

今ではメールやSNSでやりとりをする時代。授業中にこっそり書くお手紙は、先生に見つからないかドキドキしながら書くのが醍醐味で、休み時間になったらわたしに行く。こういうやりとりって今もあるのでしょうか?

 

手間はかかるけど、もらうのも嬉しいし、わたすまでがいろいろと楽しいお手紙は、やっぱり素敵ですね。

 

プラスニドTOPへ戻る