【プラスニド】あたたかいよみもの

「冷えに悩む女性の体感温度を2度上げる」がコンセプトのブランド【プラスニド】公式ブログです。お知らせやほっこりホットになれるコラムをお届けしています。

魔法の言葉

子どもが紡ぐ魔法の言葉たち。

こんにちは。

2児の子育て真っ最中、田舎暮らしのまっすんです。

 

先ほどから次男が熱心に話している「シンコロギー」という謎の島が気になり、聞き耳を立てています。

「シンコロギーとか、南の島とか、アメリカとか、シンコロギーとか(2回目)地図で見ると分かるよ」と兄に向かって説明しており、地図を広げた兄も当たり前のように「シンコロギー」とか言っているので、その後の展開が気になって仕方ありません。できればもうちょっと大きな声で話してほしい。

 

非常に照れ屋な次男は、それでそれで?と聞いてしまうと「えへへっ」とはにかみクネクネしてしまうので、空想のお話がそこで終わってしまうのです。

 

面白そうな展開になってきたら、いつもそっと気配を消し、静かに耳を澄まします。そして、忘れないようにメモを取ります。

 

全く意味が分からないし、本人も説明ができない「見て!遠くの木がじゃもじ〜」は、保育所の帰り道によく聞きました。影絵のような夕暮れの風景と、とても嬉しそうな声。「じゃもじ〜」と指差す姿を思い出して、今でもふっと笑えます。

夕暮れ 夕焼け 風景

遠くの木がじゃもじ〜!の風景

ある日は「ワニに噛まれた。」と手を押さえて来たので、「おてて無くなっちゃうよ。指は全部ある?」と聞いたら「痛くないんだよ。こんなちっちゃいワニさんだから。」と言ったあと声をひそめ「…赤ちゃんなんだよ。」真顔のヒソヒソ声に大笑いでした。

子供のいる暮らし 子供 子ども 子供と暮らす

こんな小さなワニさんでした

私のメモに綴られる次男のやさしい言葉や不思議な言葉たちは、その瞬間の風景や小さな手、声、温もりを思い出し、私を笑顔にします。

 

この先、恐ろしい反抗期に突入し「おい、ババア」なんてとんてもない言葉を投げかけられる日が来ようとも、このメモがあれば大丈夫♡

だって魔法の言葉が詰まっているから。

 

プラスニドTOPへ戻る