【プラスニド】あたたかいよみもの

「冷えに悩む女性の体感温度を2度上げる」がコンセプトのブランド【プラスニド】公式ブログです。お知らせやほっこりホットになれるコラムをお届けしています。

初秋の夜、寝相と闘う

深夜の攻防戦

 

こんにちは。

2児の子育て真っ最中、田舎暮らしのまっすんです。

 

よく「子どもの寝顔を見ると疲れが吹っ飛ぶ」と聞くけれど、そうだろうか。

息子たちが赤ちゃんの頃、これでもか!!と言わんばかりのバンザイで寝ていたのはとにかく可愛かったが、いつの間にかお目見えしなくなった。

あれはもっと堪能しておけば良かったと思うけれど、あの頃はそんな余裕などなく写真もたいして残っていない。

赤ちゃん 子ども 寝冷え 腹巻きパジャマ 腹巻 

ばんざーーーい!

全く似ていない兄弟は、ベビーからキッズへ成長する中でより個性が出てきた。

昼間はあーでもないこーでもないと気持ちが定まらず、手のかかる兄は入眠にも時間がかかる。しかし一度寝てしまえばお行儀の良い寝相で朝まで起きない。

一方、物分かりが良い弟は寝つきも良い。しかし、起き上がっては何度も移動を繰り返すので、その度に布団を掛けなくてはならない。

地味にめんどくさい。

 

ベビーのパジャマは上下がボタンで留められて、おなかが出ないよう工夫されていたが、サイズが大きくなるとそんな仕様はなくなってしまった。

ズボンにしっかりインしても激しく移動するのでおなかは全開。

その結果、夏場も盛大にくしゃみを放つ。

赤ちゃん 子ども 寝冷え 腹巻きパジャマ 腹巻 

ベッドの端から端まで大移動。

そこで古来からの温めアイテム「はらまき」を使ってみた。

瞬殺とはこのことかと思うほど、すぐに拒否された。好みの質感ではないとか、キュッと締まる感じがイヤとか、幼いながら理由は色々あるらしい。

しかし寝冷えで困るのは子どもの体調面だけではない。熟睡できなかった日の子どもは荒れる。お互いにイライラも募る。なんとか改善できないだろうか。

 

次にダメもとでオーガニックコットンのはらまきを用意したところ、これが息子にヒット。素肌に着けてもチクチクしないらしい。ふわふわ〜と頬擦りしている。

お風呂上がりに自分で持ってきて「今日は半分にする」「今日はながーくする」と器用に調整して着けるほど気に入ってくれた。

赤ちゃん 子ども 寝冷え 腹巻きパジャマ 腹巻 

ぐっすり眠れますように

これで寝冷えすることなく熟睡できるかもしれない。

薄明かりのなか息子の寝顔を覗き込むと、兄は口を大きく開けて、弟は目を半開きだった。こんなところにも個性が出る。アラフォーの疲れはそう簡単に吹っ飛ばなかったが、声を出して笑った。

 

plus2do.shop

 

 

プラスニドTOPへ戻る